個人事業と会社の違いについてのまとめ!

 

 

 個人会社
開業手続きと費用・登記は不要。
・費用はかからない。
・設立手続きが必要。
・費用がかかる。
業種の変更自由定款の目的の範囲内であれば可能。ただし、定款変更すれば可能。
出資出資は不要。個人資産を用いる。資本金が必要。
事業年度暦年(1月1日~12月31日)自由に決められる。
社会的信用会社に比べて不利。取引や金融機関からの借入、従業員採用に有利。
税金所得金額が増えると累進課税で税率が高くなる。利益が大きい会社は、有利。
税金の申告翌年の2月16日から3月15日までに確定申告事業年度終了の翌日から2月以内に確定申告
代表者給与経費にならない。過大でない限り、法人税法上も損金(費用)扱いできる。

個人事業か会社かでお悩みの経営者の方は、お気軽にご相談ください。

創業・起業・開業

お気軽にお問い合わせください!☏ 053-589-5423受付時間 9:00-18:30 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合せはこちら