所得税の超過累進税率の内容!

 

所得税は超過累進税率を採用しています。
この超過累進税率を誤解されている方がたくさんいらっしゃいます。

<所得税の税額(速算)表>

課税される所得金額税率控除額
195万円以下5%0円
195万円を超え 330万円以下10%97,500円
330万円を超え 695万円以下20%427,500円
695万円を超え 900万円以下23%636,000円
900万円を超え 1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円を超え 4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円超45%4,796,000円

所得金額が上がって税金が増えることを避けるために、所得を調整するという話しをよく聞きます。

所得が195万円の方は、税率5%で所得税は97,500円です。
例えば、もう少し儲かって所得が200万円に上がると全体に10%の税率を掛けた金額が税額になると誤解されている方が多くいます。
<誤解例>2,000,000円×10%=200,000円

所得が200万円の場合の正しい税額計算は、以下の通りです。
2,000,000円×10%-97,500円=102,500円
これを分解すると
1,950,000円×5%=97,500円
50,000円(2,000,000円ー1,950,000円)×10%=5,000円
97,500円+5,000円=102,500円となります。

つまり、1,950,000円を超える50,000円部分だけが税率10%となります。

このようにわずかな金額(税額)が増えるだけなので、所得を調整するような無駄なエネルギーは使わない方がよいと思います。

それよりも売上増加や販売促進活動にエネルギーを割くのがよいのではないでしょうか。

税務の基礎知識

お気軽にお問い合わせください!☏ 053-589-5423受付時間 9:00-18:30 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合せはこちら