ふるさと納税で注意すべきこと

 

ふるさと納税の注意点るさと納税は、豪華な特産品がもらえることもあって人気があります。
特産品目当ての人も多いと思いますが、たくさんの特産品をもらった方は、ご注意ください。

ふるさと納税制度により地方公共団体に寄付をし、その謝礼としての特産品は所得税の「一時所得」として課税対象となります。

一時所得の金額の計算式は以下の通りです。
一時所得の金額=総収入金額ー支出した金額ー特別控除額(50万円限度)

一時所得の計算上、50万円の特別控除があるので、ほとんどの方は申告の必要がありません。
しかし、この一時所得には生命保険、損害保険の一時金や満期返戻金も対象となります。
一時金や満期返戻金を受け取った年に、ふるさと納税で多額の寄付をしている場合、特別控除額の50万円を超えてしまうことも考えられます。
この場合には、一時所得として確定申告書の提出が必要になりますのでご注意ください。

超えてしまいそうな方は、当事務所までお気軽にお問合せください。
当事務所では、この一時所得のための確定申告を受付けしております。

お気軽にお問い合わせください!☏ 053-589-5423受付時間 9:00-18:30 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合せはこちら