医療費控除の注意点まとめ!

 

医療費控除の注意点、医療費は支払い済みのものが対象

医療費控除は、支払いの済んているものが対象になります。そのため、支払いは年内に済ませることが大切です。

例えば、高額の治療代を今年と来年に分けて支払うことがあると思います。
分けて支払ったことにより、今年の医療費合計が10万円未満となる場合もでてきます。
そうすると多額の医療費を支払っていたとしても医療費控除の適用は受けられなくなるので注意が必要です。

2、医療費は個別対応

支払った医療費よりも社会保険などで補填された金額が多い場合は、医療費控除の対象に含めないようにしてください。
下の例でいうと、一行目の産婦人科医院のものを除外してください。
この一行目を入れてしまって合計額で計算すると医療費控除の対象となる金額は20,000円となってしまいます。
保険金等の控除は、支払った医療費との個別対応です。
保険などで儲かった人は入れないことです。この受け取った保険金が他の医療費に充当されてしまいます。
これで損をしている方がいらっしゃるのでご注意ください。

医療を受けた人続柄病院・薬局などの所在地・名称支払った医療費生命保険や社会保険で補填される金額
小林 会計子〇〇産婦人科医院320,000420,000
小林 会計子○○歯科60,000
小林 会計子〇〇クリニック60,000
合計440,000420,000

3、家族の分をまとめて申告
医療費控除は、家族の医療費を合計して申告することができます。
家族の中で所得のある人が複数いる場合には、所得の高い人が申告をすると有利です。

当事務所では、医療費控除のための確定申告を受け付けしております。
お気軽にお問合せください。

税務の基礎知識

お気軽にお問い合わせください!☏ 053-589-5423受付時間 9:00-18:30 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合せはこちら