利益が増えても現預金が増えないのは何故?

 

利益がたくさん上がっているのに、現預金の増加が思ったほどではないということがあります。
利益とキャッシュの増減は一致しないということはよく言われているので、聞いたことがあるかと思います。

利益とキャッシュの関係は「損益計算書」のみ、「貸借対照表」のみの残高の数字を見ているだけではなかなか分かりません。
「損益計算書」と「貸借対照表」を一体で見て、かつ、図で示すことにより理解が深まります。

 

利益と現預金増減の関係

 

<キャッシュが減少する要因>の一部
・過剰在庫により棚卸資産が増加
・貸付金が増加
・設備投資により固定資産が増加
・借入金の返済

上の要因のように資産が増加するとキャッシュが減少し、負債の減少もキャッシュの減少に繋がります。
例えば、利益が10,000千円上がっていて、棚卸資産の増加で2,000千円、貸付金の増加で2,000千円、固定資産の増加で2,000千円、借入金の返済で3,000千円あった場合、現預金の増加は1,000千円のみとなります。

損益計算書の利益がどこに残っているか分からないなどの疑問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

会計の疑問

お気軽にお問い合わせください!☏ 053-589-5423受付時間 9:00-18:30 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合せはこちら

不安やお悩みを聞かせてください。

不安やお悩みを当事務所で解決していただければと思います。

・毎月の数字を把握できるようにしたい。
・融資を受けられるようにアドバイスをもらいたい。
・事業を始めたが何をしてよいかわからない。
・申告期限が迫っているが、準備できていない。