領収書の解説!

 

この領収書、経費で落ちるの?自営業の方、サラリーマンの方のみなさん「この領収書、経費で落ちるの?」というのは、とても気になる部分だと思います。

私は、一般企業の経理職時代に約2万枚の領収書を見てきました。そこで感じたのは不備がある領収書が多いということと、領収書の処理はみなさんに意外と知られていないということです。

領収書の記載事項は以下の通りです。
1、発行者の氏名または名称
2、日付
3、内容(但し書き)
4、金額
5、宛名(領収書を受け取る側の氏名または名称)
※宛名については小売業、飲食店業が発行するものは省略することができます。

ここでは領収書について解説します。

領収書の宛名

領収書の宛名をきちんと正しく書いてもらうことは重要です!   先日ある飲食店オーナーの方からその飲食店のお客様である会社社長が税務調査に入られて痛い思いを...

詳しくはこちら

インターネット通販で領収書が発行されない場合

  まずはインターネット通販で購入した場合に、領収書が発行されるかどうかをサイト内でよく確認してみてください。 サイト内によっては領収書の発行依頼のページにたどり...

詳しくはこちら

クレジットカード利用明細(請求明細)

クレジットカード利用明細(請求明細)の注意点!   クレジットカードの利用明細(請求明細)については、税務上、領収書としては認められていません。クレジットカードの...

詳しくはこちら

レシートでは経費にならない?

領収書よりもレシートの方が良い場合も   レシートでは経費にならないから、手書きの領収書をもらうべきだと思われている方がいらっしゃいます。 確かに、金額だけ...

詳しくはこちら

印紙の貼付がない領収書の場合

印紙の貼付がない領収書の有効性   収入印紙が貼られていない領収書でも経費にすることは問題ありません。 領収書を受け取ったときには気がつかずに、会社に戻って...

詳しくはこちら

白紙の領収書に自分で記載した場合

自分で記載すると犯罪になります!   経費になるかどうかの前に、とても危険な行為なので避けた方がよいでしょう。文書偽造という犯罪になります。 税務調査では、...

詳しくはこちら

領収書がない場合(冠婚葬祭、交通費等)

領収書がない場合は出金伝票に記載!   領収書がでない場合は、出金伝票に内容を記載して、経費として処理します。 例えば、冠婚葬祭の場合は、出金伝票に内容を記...

詳しくはこちら

領収書を2枚に分けてもらった場合

領収書を2枚に分けてもらうのは危険です!   同じ日に同じ店名で2枚の領収書があった場合、税務調査で調査員は「資産として計上すべきものを経費として計上するために2...

詳しくはこちら

お気軽にお問い合わせください!☏ 053-589-5423受付時間 9:00-18:30 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合せはこちら