領収書よりもレシートの方が良い場合も

 

レシート(領収書)レシートでは経費にならないから、手書きの領収書をもらうべきだと思われている方がいらっしゃいます。

確かに、金額だけの記載のレシートであればダメですが、日付、品名、金額、店名等が記載された一般的なレシートであれば、税務上も十分、経費として認められます。
一般的なレシートは詳細な情報が記載されているので、但し書きが「お品代として」しか記載されていない手書きの領収書よりも信頼性が高く、最近の税務調査でもレシートの方が重要視されています。

但し書きが「お品代として」しか記載されていない手書きの領収書の場合、税務調査のときに税務署職員が怪しいと思うものは、そのお店に反面調査として調査に入ることがあります。

 

この領収書、経費で落ちるの?

お気軽にお問い合わせください!☏ 053-589-5423受付時間 9:00-18:30 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合せはこちら