外国法人や非居住者への支払いに関する注意点!

 

a0790_000547外国法人、非居住者にライセンス料やコンサルタント料を支払う場合は、国内と海外で2重に課税される可能性があり、国内税法だけでなく租税条約も合わせて確認する必要があります。

 

 

1、国内税法の確認

国内税法上、どの項目に該当するか確認する必要があります。

2、租税条約の確認

租税条約は国内税法より優先されます。租税条約でどのように規定されているか、また、日本と各国で結んでいる租税条約はそれぞれ条文が異なることがあるため、国ごとの確認が必要になります。

当事務所は、国内税法と租税条約に基づき、適切な税務アドバイスを致します。

お気軽にお問い合わせください!☏ 053-589-5423受付時間 9:00-18:30 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合せはこちら