請求書・領収書の保存について!

 

領収書・請求書の保存前、個人事業を始めたばかりの経営者の方から以下の質問を受けました。
「請求書や領収書はノートに貼らなければいけませんか。」

請求書や領収書の保存期間は税法上、定められており、7年間保存しなければなりません。
保存方法についての定めはないので、個人の自由になります。

<領収書>
ノートなどに貼っておくと、見やすく、あとから探しやすくなります。
<請求書>
継続取引先の場合は、取引先ごとにファイル管理しておくと、突合などもやりやすくなります。

時間がない方は、月別に封筒やクリアファイルに入れておくだけでも構いません。封筒にいれておくのが一番簡単だと思います。

1年ごとに段ボール箱に保管するとよいでしょう。

段ボール箱には、年度と廃棄予定日を記載し、保管の際は年度順に並べておくと7年間の保存期間後は、順次廃棄しやすくなります。

個人事業主の注意点

お気軽にお問い合わせください!☏ 053-589-5423受付時間 9:00-18:30 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合せはこちら