個人事業主と会社の事業主責任の違い!

 

個人事業主

事業を行っている「個人」とプライベートの「個人」を切り分けることはできません。

仕入代金が支払えない場合、プライベートの定期預金を解約してでも支払わなければなりません。
また、金融機関から借りたお金が返済できない場合、自己破産でもしないかぎり支払いから逃れることはできません。

個人で事業を営むということは、そういうことなのです。

株式会社

会社の借金は、業績が悪くなったからといって代表者の定期預金を取り崩したり、不動産を処分する必要はありません。

最悪の事態が起きたとしても、株式会社にしておけば個人財産を守れるのです。162196

個人事業か?会社か?

お気軽にお問い合わせください!☏ 053-589-5423受付時間 9:00-18:30 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合せはこちら