過去年度などの入力を制限するための便利な機能!

弥生会計は、過去の仕訳データを修正したり過去に遡って仕訳を追加できるのが特徴です。

しかし、この特徴があるゆえに、ミスを起こしてしまうことがあります。

例えば、
①銀行預金残高を毎月合わせていたのに、過去の日付で仕訳を追加してしまい、残高がずれてしまった。
②前年度の仕訳を確認するために会計期間を切り替えて、前年度であることを忘れて、仕訳入力をしてしまった。

あるお客様は、「数字で入力すると過去の日付で入力してしまう」とおっしゃっていました。
その結果、①のミスを度々していました。
(このお客様は、日付の入力を「数字入力」から「カレンダー表示での入力」に変えてもらい、ミスが減りました。)

②のミスは私自身が何度も経験しました。
つい、前年度であることを忘れてしまうのです。

このようなミスを防ぐ機能があるのです。
「入力制限」機能です。

設定メニューの「帳簿・伝票設定」を選択⇒
「入力制限」タブをクリック。

「制限する日付」に日付を入力して
「OK」をクリックすれば、設定完了です。

この設定をしておけば、制限をかけた日以前の入力を行うとしても入力できなくなります。

この「入力制限」の設定によりミスを防げますし、
制限を行った日付までのデータは確定データとなります。

お気軽にお問い合わせください!☏ 053-589-5423受付時間 9:00-18:30 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合せはこちら

不安やお悩みを聞かせてください。

不安やお悩みを当事務所で解決していただければと思います。

・毎月の数字を把握できるようにしたい。
・融資を受けられるようにアドバイスをもらいたい。
・事業を始めたが何をしてよいかわからない。
・申告期限が迫っているが、準備できていない。