規模よりも個性が大事

平成もまもなく終わろうとしています。
次の時代は、益々、個人が輝ける環境になると思います。

平成の前、昭和の時代は、大企業が提供する商品やサービスに安心感があり、支持されました。
しかし、平成の時代には、大企業による数多くの偽装、不祥事が相次ぎました。
もはや大企業だから安心だということはありません。

インターネットやスマホの普及により、ブログ・SNS・ホームページなどお金をかけなくても個人の情報発信ができる時代になりました。
この個人が発信した情報の方が信頼できるという人も増えています。

以下に「大企業」と「個人事業」の比較を行いました。

<大企業の場合>

・大企業の画一的な商品はつまらないと思われるようになった!
・意見がまとまりにくい!
・組織階層が多く複雑!
・担当者⇒係長⇒課長⇒部長⇒本部長と承認を得るまでに時間がかかる!
・社長承認が得られず、廃案になることも多い!このため、ビジネスが進展するのに何年もかかることがある。

<個人事業の場合>

・A案とB案で迷ってもすぐに決断できる!
・大企業とスピード感が違う!
・ビジネスのヒントを見つけた場合でもすぐに一人で進められる!
・上司の反対がないため、潜在ニーズの発見⇒商品開発⇒商品化と提供できるまでの期間が早い!
・ビジネスの深堀をし、とことん極めることができる。
・強い個性が人を魅了する!

 

 

今は、強い個性で人を魅了した個人が輝ける時代なのです。

また、ブログ・SNS・ホームページなど個人の情報発信が簡単でお金をかけなくてもマーケティングが可能と環境も整っています。

こだわり力を持って、とことん極め、マーケティングもしっかり行った個人の方は成功を収めているのです。