今の時代、ブランド化は中小企業の方が
やりやすい!

大企業は機動性がない!

私は東証1部上場企業やその子会社での経験があります。

いわゆる大企業は、決裁をとるまでに時間がかかります。
①担当者が稟議書を作成⇒②課長が承認⇒③部長が承認⇒④本部長が承認⇒⑤担当役員が承認

この①~⑤もすんなりとは進みません。
部長から差し戻されると担当者は外部業者と打合せを重ね、また、①からやり直しです。
そうこうしているうちに⑤の担当役員が承認する頃には、2・3カ月経っていたということもザラです。

金額の大きい案件や初めての取り組みなどはもっとかかり、半年や1年ということもあります。

つまり大企業には機動性がないのです。

ブログやホームページなどを積極的に活用し、
自社のブランド化を!

かつては予算枠のたくさんある大企業が、TVCMなどの広告宣伝をすることにより自社のブランド化をしていました。
しかし、今の時代の消費者は反応しなくなったのです。

他にはない突き抜けた情報発信や消費者にとことん寄り添う姿勢というのは、機動性がない大企業では難しいのです。

ブログ、ホームページ、SNS、プレスリリースなど中小企業でもあまりお金をかけない情報発信ができる時代です。

他にはない情報を発信し続けたり、顧客対応が丁寧だったりすると「こんなに詳しいのだから安心して任せられる」や「しっかりした会社に違いない」と思ってもらえるのです。

それに自社の情報発信を常に見てくれる消費者は、優良顧客になることが多いのです。

経営者や担当者の想いをブログやホームページなどを活用し、直接伝えていくことで中小企業でもブランド化が可能になるのです。