ブログなどのコンテンツをどこに投稿すべきか?

投稿場所により、それぞれの特徴がある!

自社のホームページ(Webサイト)を持っている場合、ブログなどのコンテンツをホームページ(Webサイト)内で投稿していくか、無料ブログなどを使って投稿するかを決めなければなりません。

自社のホームページ(Webサイト)で投稿すれば「内部対策」になり、無料ブログなどを使えば「外部対策」になります。

「内部対策」と「外部対策」は以下の関連記事をご確認ください。

それぞれのメリットは以下の通りです。

自社のホームページ(Webサイト)に投稿

①更新頻度が高まり、検索順位が上がりやすい!

Googleには、情報が新鮮かどうかのアルゴリズムがあると言われています。
更新頻度を高めることはSEO対策で重要な要素となるのです。

②自社ホームページ(Webサイト)のページ数を増やせる!

Googleなどの検索エンジンはページ数の多いホームページ(Webサイト)を評価すると言われています。
質の高いコンテンツを増やすことでGoogleなどの検索エンジンの評価は高まります。

無料ブログなどに投稿

①自社のホームページ(Webサイト)の被リンクを増やすことができる!

無料ブログなどから自社ホームページ(Webサイト)にリンクを張ることができます。
被リンクを集めるホームページ(Webサイト)は人気があるサイトとしてGoogleなどの検索エンジンに評価されます。
ただし、無料ブログからの被リンク効果は年々減少しています。

②お客様との接点が増える!

自社ホームページ(Webサイト)と無料ブログの2つ持つことにより、お客様との接点が増えることになります。

まとめ

自社のホームページ(Webサイト)にコンテンツを投稿することは、「内部対策」が重要度を増してきている現在、自社ホームページ(Webサイト)を強くすることに繋がります。

一方、無料ブログなどに投稿することは自社ホームページ(Webサイト)と両方の運営になり、手間が2倍になるデメリットがあるもののお客様との接点を増やすというメリットがあります。

それぞれのメリット・デメリットを考えた上で、自社がどういう戦略でいくのかを検討していく必要があります。