格安税理士・会計事務所の実態とは!

格安税理士・会計事務所が増えてきた?

最近、格安事務所が増えてきた印象です。

新規でお問合せいただき、他の事務所と相見積もりになった場合、だいたい格安事務所の見積もりと競合します。

格安は、開業間もない事務所から中堅の事務所までたくさんあります。
それだけ競争が激化していることだと感じます。

格安税理士・会計事務所のひどい決算・申告内容!

格安事務所から当事務所に移られて来た会社の状況を確認するとひどい状況でした。

・適用できる制度を使ってなく税金が結果として高くなっているケース
・銀行預金の残高さえ合っていないケース
・年末調整など間違えて社員から多く税金を取っていたケース
など数え切れないくらい多くの問題点がある会社ばかりでした。

格安税理士・会計事務所は2種類ある!

格安事務所には2つあります。
一つは、格安で受けても細かな点までチェックする事務所。
もう一つは、申告書を作成する以外、全く何もしない事務所。

<細かな点までチェックする事務所>

ある格安事務所の方から「朝から夜中まで働きっぱなしなのに、ちっとも儲かりません。貧乏暇なしです」ということを聞いたことがあります。

この事務所は、問い合わせや紹介があった場合、他が出さないような価格提示でほぼ100%の成約率とも聞きました。

しかし、こういう事務所の方は、みなさん受けてから後悔しています。
「モチベーションが全く上がらない」
「取引を止めたい」
ということをよく聞きます。

朝から夜中まで作業をしているので、お客様からの相談はもってのほかとのこと。

最初だけは格安ですが、2年目以降は大幅な値上げを依頼するそうです。

開業間もない仕事がどうしてもほしい税理士に多いパターンです。

<申告書作成以外、全く何もしない事務所>

こちらの事務所の場合は、申告書を作るだけなので、意外と利益率は高いのです。
税金が高くなろうとも、お客様側が分かっていないことも多く、そんなことはお構いなしの状態です。
銀行の残高さえ合っていない場合、信頼性の欠ける申告書のため、税務調査に入られたときには大変なことになると思います。

極端な言い方をすると、ほとんど何もしてくれないのにお金だけ払っている状態です。

こういう事務所は儲かっていますし、お客様の数も多いので、知名度もある中堅事務所ということもあります。

金額だけで税理士・会計事務所を決めると痛い目にあう?

税理士・会計事務所を決める際に、金額だけで決めるということは、最初の見た目で2/3や半額になったとしても、いろんな数字が間違っていたりするため、知らない間に高い税金を納めていたり、税務調査で追徴課税で多額の税額が発生したりで結果として、通常の税理士・会計事務所よりも2倍以上のコストを払うこともあり得るのです。

また、銀行残高さえ合っていない決算書では、銀行に融資を申し込んでもまず断られます。
信頼性がないからです。
融資を受けられないということは、日常の資金繰りに窮したり、新規事業の投資ができないなど経営に行き詰まります。

これで良いのかと本当に疑問に感じます。

どうか金額だけで決めないでもらいたいと思います。
格安には必ず理由があるからです。