浜松市の税理士 小林徹税理士事務所

浜松市で創業や会社設立・銀行融資・ icon-cloud クラウド会計を得意とする小林徹税理士事務所

浜松市の小林徹税理士事務所は、毎月たくさんのお問合せをいただき「税理士・会計事務所を変更して良かった」や「打合せが楽しみになった」との多くの声 icon-comments に感謝しております。
icon-check-square 税理士選びで財務体質(決算書の内容)は変わります。
他の会計事務所では教えてくれない決算書のポイントをお伝えし、数字をもとにした経営判断ができるお手伝いをします。

「税制」の記事一覧

消費税における生きた魚と生きた牛の違い

軽減税率導入後は生きた魚と生きた牛の違いで 税率に違いが!   消費税軽減税率導入後は、生きた魚の販売と生きた牛の販売では取扱いが異なることになります。 活魚は消費税軽減税率対象の「食品」に該当するため、8%の […]

消費税軽減税率の飲食料品について

消費税軽減税率の飲食料品は販売時点での判断!   販売する側が飲用や食用として販売した場合は、お客様が工業用目的で購入したり実際に工業用として使用しても飲食料品の譲渡として軽減税率の8%となります。 一方、販売 […]

NISAの恒久化

NISAは恒久化よりも先に税制上の問題点解消を!   昨日の日本経済新聞によると、金融庁がNISAについて2024年以降も継続利用できるよう検討しているとのこと。 現在約6兆円のNISA残高を、政府は2020年 […]

消費税増税後の新聞の取り扱い

消費税軽減税率導入後の新聞の取り扱いは複雑に!   一般社会的事実を掲載する週2回以上発行される新聞を定期購読契約される場合には、軽減税率が適用されます。 以下のものは上の規定に該当しないため、標準税率の10% […]

消費税軽減税率制度に対する誤解

消費税軽減税率制度は全ての事業者に関係する?   2019年10月から導入予定の消費税軽減税率は、酒と外食を除く飲食料品と週2回以上発行される新聞が対象となります。 そのため、飲食料品を扱うスーパーや小売店、コ […]

事業を行う上での必要経費

事業の必要経費は、事業との関連性を しっかりと説明!   国税不服審判所が今月7日、平成27年7月~9月分の採決事例を公表しました。 平成27年7月28日採決の事例では、青年会議所の会議等のための旅費交通費が代 […]

熊本地震による国税の対応

熊本地震による国税の対応は納付期限を 自動的に延長!   この度の熊本県熊本地方の地震により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げますと共に一日も早い復旧をお祈り申し上げます。 21日、国税庁から熊本地震によ […]

消費税1%ずつの増税

消費税を1%ずつ増税すれば現場は大混乱に!   自民党の稲田朋美政調会長は20日、2017年4月の消費税率引き上げを2%ではなく1%の選択肢もあることを述べられました。 また、2014年4月の5%⇒8%の引き上 […]