個人事業主の方が会社設立する場合は、売上げの
見込みを考慮して設立時期などの計画を立てる
必要があります!

 

個人事業主の方が法人成りして会社設立をされる場合に、注意点があります。

それは、売上げや経費を個人事業で計上するか、会社で計上するかという問題です。

会社設立登記前から会社名を名乗って仕事をすることがあるかと思います。

営業活動が功を奏して、会社設立前に早速仕事の受注をもらうこともでてきます。
この場合、会社設立前なので売上げ・仕入れ・経費とも個人事業の損益に含めなければなりません。

会社の実績にしたいがため、会社名を名乗っていたとしても会社設立前のものは、個人事業の分として計上しなければならないのです。

通常、会社設立には短くても1カ月は必要と言われています。

売上げ・仕入れ・経費を個人事業とするか会社とするかで税金も大きく変わってくることも想定されます。
例えば、個人事業としては利益がたくさんでているが、会社設立後は利益がでるか分からない場合、個人事業に売上げ等を含めなければいけなくなると税金は増えてしまいます。
この例でいえば、会社の方に売上げを入れるべきです。

個人事業主の方が会社を設立する場合、売上の見込みを考慮した上で設立時期を決める必要があるのです。